求人情報モバイル版
先輩社員の働く姿
先輩社員の働く姿

先輩社員へインタビュー

先輩社員の「働く姿」とは
業務内容だけではなく、当社で働く「人財」や「働く姿」にスポットを当てます。
お客様や案件と向き合う姿勢や日々の業務で大切にしていることなどをご紹介します。
横﨑
  • 2012年入社 営業本部 企画制作課 課長
  • 横﨑 祐子
  • Yuko Yokozaki
  • ジップ企画制作の第一人者としてノウハウや
    お客様に対する心構えを後輩に伝える
  • 「天職を見つけた気持ちでした」
    私は、前職で営業や企画を経験してきました。ジップが “営業と企画の両方ができる人材” を募集していると聞き、 営業部長と面談の機会をいただきました。 面談の中で、例えば「通販会社の多い福岡でDM発送代行の営業をしたい!」 といった社員の熱意をくみとって、実現に向けて応えていく会社であることを知り(面談担当の営業部長が、 福岡営業所を立ち上げた当人でした)、またお客様のニーズにお応えするには営業・企画ともに必要不可欠である という考えに共感しました。持っているスキルを活かしてジップでの「企画制作」第一人者として携わっていきたいと強く思いました。
    まるでジップに入るために今までの仕事をしてきたような、そんなご縁を感じて入社を決めました。
  • 「販促企画営業と後進の育成」
    主に通販会社様に対して企画提案とデザイン制作ディレクションを行っています。 お客様から消費者の傾向や購入背景などのヒアリングを行い、商品の掲載方法やDM・チラシの形状など、 さまざまなアイディアを交えてご提案します。 デザイン制作や印刷に協力していただいている パートナー企業は各地にあり、品質確認のために出向いて立ち合いを行うこともあります。 企画制作に関わるみなさんとの良好な関係づくりに気を配っています。
    企画制作課のマネージャーとして後進の育成にも力を入れ、お客様に対する心構えやノウハウを後輩に伝承しています。
  • 「やさしく、丁寧に、的確に」
    お客様とパートナー企業様に、こだわりをもって取り組んでいることがあります。 お客様には、決してこちらからのご提案が押し付けにならないことです。 デザイン的に優れているだけでは、 例えセンスのいいものができたとしても心からご満足いただけないと考えるからです。 お客様の想いを引き出してよりよいものをご提示すること、「お客様目線」や 消費者の気持ちに添うことに重点を置いています。
    そして、パートナー企業様には、ラフスケッチを細部まで丁寧に描くことでより詳細なイメージをご提示しています。 デザイナーにもお客様の想いを的確に伝え、デザイン制作に集中していただけるように心がけています。
  • 「Win-Win-Winを実現できる職場」
    企画制作担当として、企画にご満足いただけたときや発送後の反響をいただけることが大変嬉しいです。 またお客様を訪問した時、私の姿を見つけると担当者様が駆け寄って来て下さり、 企画制作のご相談をいただくこともしばしばで、それも嬉しく思います。 過去に企画制作した内容を他部署にまで口コミで広げていただき、 今ではほとんどの部署の制作をお任せいただいている通販会社様もあります。
    ジップにはお客様のためになることはどんどんチャレンジさせてくれる風土があります。 お客様の実現したいことに貢献し満足いただくことがジップの評価にもつながり、 自分の目標達成にもつながる、そんな職場で働けていることを幸せに思います。
  • 「多くのお客様と出会うこと」
    今後もお客様目線のサポートを継続して行っていきたいです。 お客様や商品の違いにより、必ずしも同じパターンで成功するとは言えないことが、 企画の醍醐味。毎回チャレンジです。 「企画やデザインだけを見るのではなく、 お客様やお客様の先にいるお客様を見ること」を後輩たちにも学んでもらい、 チームみんなで知見を増やし、より多くのお客様をサポートするとともに、 そのお客様との連携を深めていきたいです。
土佐
  • 2014年入社 東日本営業部
  • 土佐 知己
  • Tomoki Tosa
  • 現場×営業の経験を活かし、
    お客様のベストパートナーになる
  • 「通販業界への期待と人の魅力」
    私は、通販業界の今後の成長に期待を持っており、この分野で自分自身を高めたいと思っていました。 その時、ジップの募集を目にしました。募集内容は現場管理でしたが、お客様と直接関わる機会も多いとのお話を聞き、 前職で経験した営業のスキルを活かせると感じました。 ジップ以外にも何社か受けていましたが、人事担当者の面接前後の丁寧な対応も入社を決めた理由です。最後は「人」に惹かれました。
  • 「現場の運用設計経験を活かした営業」
    関東のお客様を中心に要望や課題と向き合い、解決へと導くために提案を行っています。 入社当初は現場配属でしたが、後に営業を希望して異動しました。現場で学んだ通販知識や運用設計を活かし、 お客様へサービスをお届けしたいと考えたからです。現場での経験は、お客様へ具体的な提案や運用イメージを タイムリーにお伝えすることができ、スピードある「提案力」に活かされていると日々感じています。 現場と営業を経験したことは、現場との「連携力」やコミュニケーションにも活きており、私自身の強みだと感じます。
  • 「お客様の良き相談相手になりたい」
    お客様からの信頼を得るために大切なことは、お客様からご要望や課題を引き出すことだと考えます。 お客様がつい声をかけたくなるような、良き相談相手になりたいという想いを人一倍持っています。 営業配属後に特に印象に残ったのは、担当のお客様から「土佐さんと仕事をしている部下が、 とても良い仕事をするようになった」と お褒めの言葉をいただいたことです。お客様に貢献できている実感が増し、パートナーとして取り組めた結果だと感じました。
  • 「サービスの多さと仲間に恵まれていること」
    ジップのサービスは多岐にわたり、提案の自由度が高く、あらゆるサービスでお客様にお応えできる会社である事が良かったと思う事です。 そして、やりがいのある仕事に燃えるメンバーがそろっています。現場でも営業でも同僚との関係性がよく、野球観戦や食事に出かけるなど 仕事外の交流もあります。良き仲間とともに成長でき、仕事ができる喜びを日々感じています。
  • 「お客様愛×現場愛で関東拠点の成長に貢献」
    関東は競合他社も多いですが、その中でもジップの存在価値を高めていきたいです。 私はお客様に提供できるサービスを広げ、信頼を得ることが埼玉事業部を拡大していくことに通ずると考えます。
    「埼玉事業部のフロント営業マン」という意識も持ちつつ、関東拠点を岡山と同じくらいの規模まで展開し、岡山に負けないくらい盛り上げていきたいです。
武久
  • 2009年入社 教材事業部
  • 武久 隼也
  • Junya Takehisa
  • 1通1通、気配りと心配りを意識して、
    品質にこだわる
  • 「地元岡山から全国に展開する企業だと感じたから」
    「ベネッセ」の物流を支えているジップは、私にとって小学生の頃から身近な存在でした。 進研ゼミを受講していたことに加え、私の生活圏に本社がある地元の有名企業という印象を持っていました。 会社説明会に参加したことをきっかけに、10年後や20年後の会社の成長がしっかりとイメージできる 「将来性のある会社」だと考え、入社を決めました。
  • 「品質にこだわり、教材封入から発送までを徹底管理」
    全国に2カ所あるベネッセの物流拠点のうち、進研ゼミの教材配送拠点である、 ベネッセ・ロジスティクスセンターで働いています。私が所属するグループでは、 機械設備では出来ない仕様をスタッフが手作業で封入しています。効率良くミス無く業務を遂行するために、 一連の作業の流れを管理し現場を動かすことが私の業務です。
    そして、私が最も大切にしていることは「品質」へのこだわりです。仕事以外であっても 自宅に届く通販商品の梱包状態にも興味を注いでしまうほどです。
  • 「働きがいのあるセンターづくり」
    手作業での封入は機械ではなく「人」がメインとなり、スタッフのモチベーションは、 生産性や品質に大きく影響します。スタッフへのきめ細やかな声かけや、 各スタッフが競争意識を保ちながら生産性を意識して取り組めるよう工夫しています。 スタッフには日頃から、お客様にファンになっていただくために 自分の手元に届いたときのことを常にイメージする大切さを伝えています。 スタッフにとって働きがいのあるセンターを目指しています。
  • 「連携力で乗り越えるハイタイム」
    進研ゼミの新規入会者が集中する3月は、1年で最も忙しくなる時期です。岡山県内だけでなく、 近隣県からもスタッフを広く募集し、1日あたり600名の増員という通常時の2倍以上の体制で業務にあたります。 非常にタイトなスケジュールでの作業ですが、各部署が連携し、一丸となって取り組み発送を終えた後は、 大きな達成感を得ることができます。繁忙期終了後にはスタッフと打ち上げを実施することもあり、次年に向けて親睦を深めます。
  • 「私がやります!で何事にもチャレンジ」
    何10万通の教材を発送していても、受け取る方から見れば1通の教材です。ミス無く封入することはもちろんですが、 受け取る会員様が幸せな気持ちになれるように1通1通、見た目を含めた「気配り・心配り」を意識するように心がけています。 私の人生のモットーは「私がやります!」です。何事にも興味を持ち、お客様の声を今よりもっと身近に感じられるよう、 積極的にコミュニケーションをとりながら、ご要望や様々な仕様にお応えしていきたいです。
竹内
  • 2008年入社 早島事業部
  • 竹内 健一郎
  • Kenichiro Takeuchi
  • お客様になりきって、クライアント様の
    商品発送部門の一員として発送する
  • 「自分が成長できる場所だと感じたから」
    私は学生時代にバイト経験がなく、卒業後に保育士として就職した以外に、働いたことがありませんでした。 感覚ではなく、数値で目に見える成果を得たいと思い転職を決めました。友人から勧められアルバイトで入り、 目標達成していくことやチーム全員で一丸となって取り組む経験を通して大変興味を持ちました。 「人と関わる仕事」であるため、前職で得た「社交性」が活きる仕事だと感じ、正社員として入社を決めました。
  • 「営業マインドを持って現場管理業務にあたる」
    私は、商品発送代行サービスを担う、岡山西部拠点の早島センターで働いています。当センターは、入庫から発送までの物流業務を一括代行しています。 私が所属するグループでは、スタッフが食品、化粧品、健康補助食品などの商品を特性に合わせて機械や手作業で封入・梱包しています。 「当たり前のことを当たり前に行い、正しい品質で商品をお届けすること」が私の業務です。
    私のこだわりは、「お客様になりきる」ことです。“クライアント様の商品発送部門の一員として発送する“という意識を常にもちながら業務に携わっています。 「常にお客様目線」は、当社だからできる細かなサポートであると考えます。
  • 「改善活動で成果を出すこと」
    ジップの強みは「改善活動」だと考えます。 私たちは、ただお客様のご要望をお聞きし、業務を進めるだけではありません。 お客様とのコミュニケーションの中から、求めていることを確実に行い、加えて課題を解決することに強い使命感と責任感を持っています。 今日より明日よくなっていることを目指して取り組むことで、業務効率化により、お客様へコスト還元ができることに楽しさや喜びを感じ、 お客様とWin-Winの関係を築いています。
  • 「ベストパートナーになれていると実感したとき」
    私たちにとってお客様は、クライアント様だけではありません。 お客様になりきるために最も重要なお客様視点を養いたいと考え、自ら志願してエンドユーザー様への商品受け渡しに立ち会ったことがあります。 その際に商品を手に喜ぶ姿を直接目にすることができました。代行に携わる私たちにとって大変貴重な経験であり、 今も忘れられない光景です。この体験が一体感を持って業務にあたる私自身のモチベーションとなっています。
  • 「変化を楽しみ、常に追い求めたい」
    私は「人と関わる仕事」が好きです。ジップにはスタッフと共に育つことのできる環境があり、日々自らの成長を実感しています。 皆が主役であり、それぞれの役割を発揮することで、現場力をさらに高めていけるように心がけています。 変化の中心で仕事をすることが楽しいと感じるので、常に変化を追い求め、お客様のご要望にお応えし続けていくプロでありたいです。

3.