top interview
top interview
top interview

創業から30年。ジップの歩み、それはチャレンジの連続です。ベネッセコーポレーションの物流サービス企業として、物流基盤を整え、機械設備の自動化、作業クオリティ向上、さらにはコールセンターの運営や顧客データ管理等のBPOサービスも新たな領域に加えながら、ダイレクトマーケティングソリューションのトータルサポートを極めてきました。
ベネッセコーポレーションの仕事を日々着実に遂行し、高度なソリューション課題にも応え続けてきたからこそ、今のジップがあると思っています。また、創業当初から、「培ったノウハウを他の業界や企業へも活かすことで自立を」というビジョンがあり、その確たるビジョンがあったからこそ、絶え間ない進化と成長を果たし、歩み続けてこられたのだと思います。
また、“人財”に重きを置き、“人がより良く生きる“環境をつくり、財産としての人を活かし、社員の人間力を育みながら共に学び、共に育つ「共育」という考えのもと、社員の成長が会社の成長を支えることで歩みを続けてきました。さらに「健気と評される努力家であり続けたい」という想いを全社員で共有し、日々心ある仕事を一つひとつ積み重ねることにより、クライアントへ、その先にいるお客様へ「満足」にとどまらない「感動」を届け、ジップファンやジップシンパを着実に増やしてきました。
今やジップは、ベネッセコーポレーションという軸となるクライアントに加え、通信販売事業者や量販店など多くのクライアントに、「物流・販促・受注支援サービス」を多彩なメニューで提供できる、社会に資する「ダイレクトマーケティングソリューション企業」として知られるまでになりました。

top interview
top interview
top interview

ただ単に物を送り手から受け手に届けるだけでは、One to Oneマーケティングにはならない。そう考える私たちは、“感動で繋がるDirect Marketing Solutions”というスローガンを掲げ、世の中を温かく包み込むストーリーの数々によって送り手と受け手の心が繋がり、その絆も深まる。そして感動で繋がる双方向コミュニケーションが絶えず活性化する。いわゆる“感動マーケティング”ともいうべきアプローチをしていこうと考えています。
社員一人ひとりがそれぞれの職務に応じた役割を持ちます。「つなぐ想いで」営業がファン・シンパを増やしてマーケットを広げ、企画制作が共感・共鳴を生む発想や表現で「価値を創る」。送り手と受け手を結ぶファクトリーセンターが「繋がる感動で」世の中をハッピーにして、そしてコーポレートスタッフの取り組みが人財力と組織力を育み、ジップとクライアントの「未来を拓く」。この事業ダイナミズムを体現する社員たちの挑戦の日々は今、一つの理想形に結実しつつある。それがジップの現在地です。
より複雑化する封入・ラッピング・仕分け業務を高度なロジスティクスノウハウと独自開発の機械設備でコントロールし、最も効率的な物流支援ができるジップ。加えて販促支援・受注支援・各種事務代行も含めてのBPOサービスをトータルに提供できるジップ。その価値をご理解くださるクライアントからの紹介による新規取引が続き、成長を続けられています。

top interview
top interview
top interview

私たちは現状に安住することなく、さらなる進化と成長を目指します。心ある仕事を一つひとつ積み上げるという軸はぶらさずに、さらにその先の未来へと歩を進めます。一歩一歩踏みしめて山を登るように、そのプロセスにおける景色も楽しみながら。
私は“ほんとうの美しさはプロセスにある”と考えています。富士登山でも体感したのですが、私は6合目にある宝永火口が好きです。そこで感じる雲の流れ、静けさ、雄大さ、幻想的で荘厳な美しさに心奪われるのです。このエピソードが示すように、ジップの事業展開においても頂上を目指すプロセスを大切にしたい。いつの時代も健気と評される努力家であり続け、素直に謙虚に、それでいて内に秘めた力を持ち、常に“心ある仕事=美しい仕事“にこだわっていきたいと思います。
そして心ある仕事=美しい仕事を通じて、各クライアントから“価値創造の戦略パートナー”として認められる存在を目指します。ジップとタッグを組めば、次々と新たな価値を創造でき、未来さえも切り拓ける、そんな不可欠のパートナーになるためのプロセスに全力を尽くしていきます。
また、社員からも新規事業アイデアを募り、その具現化機会も設けていきます。さらには優れたアライアンス先を探して、事業領域の幅を広げ、新たな事業の柱も創っていきます。ジップはまだまだ発展途上の会社です。山の頂には程遠い、道の途上にいます。でも、体力も気力もまだ十分です。私たちはこれからも自分たちの努力が報われる“美しい瞬間の美しい景色”を幾つも心に刻み、それらを糧にして果てしなく続く成長プロセスを楽しみながら、社会に資する企業としての道を邁進していきます。

top interview