people7-1

飯塚康之

Iitsuka Yasuyuki

ITソリューション部

2016年入社。社内SEとしてベネッセコーポレーションの社内運用に関わるシステム開発を2年。その後は、通販会社や量販店などの商品発送システムの開発を担当。現在は、RPAおよびAI開発にも携わっている。趣味はバイクとスノーボードと旅行とお酒。最近は、その道具などの機能美にも魅かれ、キャンプにはまりつつある。座右の銘は「有言実行」。夢はキャンプをしながらの日本縦断ツーリングの実現。

Wild Outdoor Life System Engineering Work

「有言実行」を信条としています。公言して、それをきちんと実行してこそ、信頼を得ることができると考えるから。さらに言えば、他の人とはひと味違う「何か」を実行していきたい。同じことをしても面白くないから。現在、私はシステムエンジニアとして様々なITソリューション課題と向き合っていますが、単に要件定義を満たすシステムを開発するのではなく、ユーザーが感動できる独自の機能を盛り込みたいとの想いを公言して、その実践をしています。今、RPAやAI導入にも挑んでいるので、この領域でも何かユーザーがアッと驚く「何か」を具現化したいと考えています。一方、趣味の領域でも独自の世界観の中に身をおいて、本気で遊び尽くしたいと思っています。今は機能美の象徴である大型バイクを駆って、あの風を切る疾走感を求めるツーリング、そして知る人ぞ知る穴場の観光地をめぐるマニアック旅を、全力で楽しみ尽くしています。また、最近では「キャンプ始めます」宣言をして、まずは機能美優先でこだわりの道具を吟味することから着手。バイクで出掛けるソロキャンプの世界を極めるための挑戦を始めています。

people8-2

この会社に入らなければ後悔するかもしれない
という想いに至り、入社を決意。

・・・入社の決め手は?

ずばり、人財部の方の人柄です。そこから伝わる社風に加えて、私自身に対する本気の期待感も伝わってきて、この会社に入らなければ後悔するかもしれないという想いに至り、決意しました。まさに良縁成就、幸福な就職ができたと今でも思っています。

・・・現在の仕事は?

クライアントである通信販売会社などの商品発送システムの開発を行っています。業務要件の分析とシステム要件の整理・調整を中心に行い、実際の開発は社内SEが行っています。つまりクライアントからのヒアリングやシステムのマスタープランを考える上流工程、そして開発プロジェクトマネジメントが中心です。システムづくりは、標準のパッケージがあって、それをクライアントごとの特性に合わせてカスタマイズする流れが一般的です。また、最近では社内業務のRPA化、そしてAI導入も新たなテーマに加わっています。

・・・独自の仕事スタイルは?

黙々と頑張って独力でやり遂げるというより、いかに協力しあって生産性を上げるか、効率よく開発するか、を重視しています。システム分野は技術領域が広く、なんでもできる万能型のエンジニアはそうそういないので、その専門領域ごとに長けている人をプロジェクトに巻き込み、アドバイスをもらうようにしています。社内SEは個性豊かで、それぞれ得意分野を持っているので、彼らのポテンシャルを引き出し、融合させることによるシナジーも常に意識しています。

people8-3

劇的な効率化へ。私たちが限界突破への
チャレンジをしなければ、と考えています。

・・・仕事のやりがいは?

もちろんシステム開発によって便利になった、業務効率が上がったと言ってもらえることが第一ですが、ちょっとしたパソコントラブルへの対応要請とか、Excelの関数やマクロについての相談とかを受け、解決へと導き感謝される、そんな日常的なトラブルバスターとしての役割にもやりがいを感じています。また、ITソリューションは、時に劇的な効果を生み、それが会社の利益貢献にもつながるケースがあるので、それも仕事の醍醐味になっています。

・・・成長への転機は?

商品発送の立ち上げが幾つも重なり、不具合トラブルや課題も重なり、窮地に陥ったことがあります。要件の誤認識や漏れによる後戻り、開発メンバー間のコミュニケーション不足による対人関係の悪化や開発生産性の低下など悪循環の中で、最終的な解決手段は「濃密なコミュニケーション」しかないことを思い知る機会になりました。また、逆に開発時にノントラブルでリリースを迎えるシステムには、何かが隠されていると疑い、ここでも濃密な議論を行うようになっています。

・・・今、向き合う最大のチャレンジテーマは?

RPAとAI導入による劇的な効率化です。コスト削減や生産性の向上は、ITなしでは限界があるので、私たちが限界突破へのチャレンジをしなければ、と考えています。まずはRP化できる業務を社内ヒアリングによって探り出し、一つひとつ開発していきます。AIについては、今までの累積データを整理して、それらを解析サービスなどの活用でどうシステム化するかを考え、将来的な導入の準備に入ろうと思っています。

people8-4

革新的なソリューションの可能性を考え、
ジップの未来を変えるようなイノベーションを。

・・・今後の目標は?野望は?

「システム開発を頼むなら飯塚だ」と言われるような存在になることを目指します。そのためにはもっと広い視野で開発テーマを探り、業務改善はもちろん、経営戦略という観点からもITによる革新的なソリューションの可能性を考え、それこそジップの未来を変えるようなイノベーションを仕掛けていこうと思っています。

・・・これからの人生への想いは?

「有言実行」を肝に銘じて、これからも信頼を得ながら、オンオフ問わず、人とはひと味違うことに挑み、有意義な人生を送っていきたい。基本的にはマイペースで、やりたいことはやりたい時にやっていこうと思います。好奇心に従い、後々後悔しないよう、仕事もプライベートも全力で楽しみ尽くす勢いと情熱で、生きていきます。

・・・最後にこれから入ってくる人たちへのメッセージを。

まだまだ発展途上の会社です。ITソリューションテーマも無限にあり、いろんなシステム開発に携わることができます。自らテーマを探して、それを具現化できる機会も沢山あります。RPAやAIなどの最先端技術を活かしての開発も始まっており、システムエンジニアとして成長するにはベストな環境がここにはあります。私たちと一緒に、ジップの未来をITで切り拓く。そんなチャレンジをしてみませんか。

◆My Lifework Scene◆

people8-5

春夏秋冬、それぞれの季節を五感で楽しみながら。

愛車はKAWASAKIの大型バイク。風を切ってワインディングロードを疾駆する爽快感を堪能するツーリングは、休日の最大の楽しみです。クルマとは違って、そのドライビングの感覚を五感で楽しめるのがいいですね。春夏秋冬、それぞれの季節を身体で感じられるのも気に入っています。最近、キャンプにはまりつつあり、今後はバイクで出かけるソロキャンプを極める、新たな趣味の領域が加わりそうです。

poeple8-6

行きつけの絶品料理と銘酒の店で、パワーアップ!

会社の仲間と過ごす、美味しい料理と美味しいお酒を楽しむ時間。これは私にとっての欠かせないエネルギー源です。いつも仲間から元気をもらっています。行きつけの絶品料理と銘酒の店もたくさんあり、そのラインナップも年々増えて、オリジナルのグルメ情報誌ができるほど(笑)。毎回最高に盛り上がり、大満足の会となっています。これからも食べ尽くし、飲み尽くす、この会を大切にして、パワーアップしていきます。