people4-1

清水菜々実

Shimizu Nanami

東京教材事業部

2012年入社。顧客サービス事業部でベネッセコーポレーションの会員管理業務を3年。その後、業務管理の新システムのテスト支援のため多摩へ出張。そのままベネッセの東京拠点に張り付き、以来、進研ゼミの出荷管理を行っている。趣味は野球観戦。大の広島カープファン。座右の銘は「為せば成る。成さねば成らぬ。何事も」。夢は、日々笑いの絶えない幸せな家庭を築くこと。

Carp Love Solution Work

私の座右の銘は「為せば成る。成さねば成らぬ。何事も」。挑戦する前から「できない。無理」と決めつけず、とりあえずやってみることを意識しています。私の大好きな広島カープのここ数年の戦いぶりともオーバーラップする言葉でもあり、いつも背中を押してもらっています。私の任務はベネッセーコーポレーションの進研ゼミの会員向けの学習教材やDMなどの出荷管理。クライアントのあらゆる「送りたい」を叶える仕事です。膨大な出荷ボリュームがあり、発送形態も多種多様ゆえ大変な毎日ですが、「為せば成る」の精神で乗り越える、その達成感には格別なものがあります。年々担当部署も広がり、関わる人も増える中で、確実に「頼りにされる」度合いが大きくなっており、この信頼の絆の深まりへの実感がやりがいになっています。これからもクライアントからは「ジップと言えば清水さん」ファクトリーセンターの現場からは「業務管理と言えば清水さん」と言われるよう、さらなる挑戦の日々を過ごしていきます。もちろんプライベートでもカープの応援に手を抜かず、日本一奪還への後押しをしていきます。

people4-2

いつも「伝え方の質」を考え、
コミュニケーションするようにしています。

・・・入社の決め手は?

会社説明時のファクトリーセンター見学の際、現場が整理整頓されて美しく、さらに従業員の方々から礼儀正しく気持ち良い挨拶をしていただき、自分もこんな素敵な会社で働きたいと素直に思いました。私は高卒なのですが、「大学で4年学ぶのも良いけれど、当社にはそれに負けないくらいの学びがあるから、ぜひ」という言葉をいただき、その期待に応えたいという思いで、入社を決意しました。

・・・現在の仕事は?

ベネッセコーポレーションの通信教育サービス「進研ゼミ」の学習教材やDMなどの出荷管理を主に行っています。いつ、どんなものを、どういった方法で、どのような会員へ発送したいかといった要望を伺い、それを叶えるために設備やヒトやモノなどの動きを調整する仕事です。また、「いぬのきもち」「ねこのきもち」など定期購読雑誌の出荷管理も手がけ、さらにはその他あらゆる「送りたい」という要望に応えるスタンスで、新たな取引拡大へのチャレンジもしています。

・・・独自の仕事スタイルは?

当たり前のことですが、いただいた問い合わせに対しては、丁寧に対応することを心がけています。聞かれたことだけに回答するのではなく、「なぜこのような問い合わせをされたのか?」を考え、プラスαの情報も併せてお伝えするようにしています。そうすれば、感謝されることはもちろん、相手の仕事の効率化の手助けにもなり、さらには新しい仕事のきっかけにもなるかもしれない。そんな風にいつも「伝え方の質」を考え、コミュニケーションしています。

people4-3

ジップによる支援サービスの幅を
さらに広げるためのアプローチを。

・・・仕事のやりがいは?

クライアントから感謝され、頼りにされることです。今までお話をしたことがない方から「こんな企画を考えているけれど、実現可能かどうか教えて欲しいです。清水さんに相談したら、きっと実現の道筋が見えるかも…と聞いたので連絡させてもらいました」というお問い合わせをいただいたことがあります。日頃からの丁寧な対応が実を結んだ瞬間でもあり、そして私が目指す理想的な展開そのものだったので、最高に嬉しかったです。

・・・成長への転機は?

入社4年目に東京教材事業部へ、新しい業務管理システムの立ち上げメンバーとして異動をして、そこで試行錯誤した日々が私にとっての転機です。システムのテストを繰り返す中で、苦戦しながらも不具合の原因などの答えを自分なりに探り、ブラッシュアップへの努力を続け、そのおかげで深いところまで仕組みの理解をすることができました。今ではクライアントと一緒に、このシステムを活用しての様々な企画の実現に向けて、検討ができるレベルにまでなっています。

・・・今、向き合う最大のチャレンジテーマは?

メイン業務の進研ゼミのみならず、定期購読雑誌の発送をはじめ、その他新しく担当する部署への展開チャレンジを開始しています。会員管理や発送代行に加えて、今後は事務処理代行(BPO)、DMの企画制作などのプロモーション施策、新たな発送方法の提案など、ジップによる支援サービスの幅をさらに広げるためのアプローチも行っていこうと思います。

people4-4

次々と新しい仕事を開拓して、
ジップの成長に貢献したい。

・・・今後の目標は?野望は?

「送りたい」を叶える仕事は、自分のアプローチ次第でどこまでも広げていけると思っています。事業拡大に向けて大切なのは社内外からの信頼だと思うので、クライアントからは「ジップと言えば清水さん」、社内からは「業務管理と言えば清水さん」と言われるような存在を目指します。その上で、次々と新しい仕事を開拓して、ジップの成長に貢献できたら、と考えています。

・・・これからの人生への想いは?

仕事も遊びも、恋もライフワークも、そして将来的な結婚や子育てというライフイベントも含めて、充実した人生を送りたい。「為せば成る」の精神で、好奇心を持っていろんなことにチャレンジしながら、今日より明日へ、絶えず自らの限界を少しずつ超える成長を続けていきたいと思います。

・・・最後にこれから入ってくる人たちへのメッセージを。

人の温もりを感じられる会社です。部長や課長、そして役員や社長ともフランクにコミュニケーションする機会があり、風通しの良いフラットな組織でもあります。仕事も感謝されることが多く、日々ありがとうのドラマを重ねていくことができます。着実に成長もできます。ぜひ一度、ジップという会社の雰囲気に触れてみてください。待っています。

◆My Lifework Scene◆

people4-5

生粋の広島カープファンとして。

小さい頃から熱狂的な広島カープファンです。カープ女子などと話題になる前からの生粋のファンです。今は東京勤務なので、ホームスタジアムでの応援は叶いませんが、東京ドーム、神宮球場、横浜球場へなら駆けつけられるので、ぜひ、これからは日本一奪還への後押しのために、できる限り足を運びたいと思っています。

poeple4-6

女子会トークで、心からリラックス。

仕事終わりに先輩や後輩と一緒に、よく食事に行ったり、カフェに行ったりしています。美味しいものを食べ、飲み、フランクに語り合うことが、今いちばんの楽しみでです。写真は、人気店でケーキを楽しむお茶会。次から次へと話題も尽きない、女子会トークが続く時空間はとても心地よく、今や毎月のように開催する恒例イベントになっています。