people3-1

中村房那

Nakamura Fusana

東日本営業部

2013年入社。通信販売会社勤務を経て、縁あってジップへ。企画制作の創設期から営業と企画を兼ねて精力的に動き、そして現在は東日本営業部に在籍。同行営業をしながら企画制作の仕事の拡大を目指している。趣味は博物館&美術館めぐり。座右の銘は「情けは人の為ならず」。人生目標は、体力年齢=実年齢を維持し続けること。

Gallarty & Musium Love Creative Work

人のために動けば、その相手のためになるだけではなく、やがては良い報いとなって自分に戻ってくるということを意味する「情けは人の為ならず」が、私の人生訓のようなものです。企画制作の仕事では、クライアントのためにベストな提案をして、実際の制作でも全力を尽くして常に最大の訴求効果を目指すことが私の日常です。そうすれば着実にクライアントとの信頼関係は深まり、その先のお客様の気持ちを動かすこともできると信じています。そして全力の日々はきっとクリエイターとしての自分の成長のためにもなると考えています。また、プライベートにおいても私は、博物館や美術館めぐりを続け、そこでの触発や感動を大切にしながら、それらをユニークなアイデアや新鮮な切り口、訴求力のあるデザインやコピー表現に繋げるよう心がけています。オンでもオフでも好奇心を抱き続け、日々の生活の全てからヒントを得て、発想力や表現力を磨いていけば、きっといつか微力ながらも世の中のためになるクリエイターの一人になれるはず!そう信じて、これからも全力の挑戦を続けていこうと思っています。

people3-2

得意領域は、ユニークなカタチの
型抜きDMの企画制作です。

・・・入社の決め手は?

前職の通信販売会社にいた時に、取引先としてジップと関わりがありました。諸事情があり退職するタイミングでお声がけいただき、縁あって入社することに。企画制作チームがスタートしたばかりだったこと。企画制作の仕事にも興味があったこと。創成期のクリエイティブスタッフとして事業を育てていけること。自ら営業としても動き、新規開拓していけること…等々を考え、その可能性に懸けてみようと思い、決意しました。

・・・現在の仕事は?

私のミッションは、東日本エリアを統括する東京支店において企画制作セクションを立ち上げ、スタッフも育て、そしてクリエイティブ(ものづくり)の環境を整えること。現在は、営業に同行し、今までのDM制作物の実績を披露しながら、新しい案件を一つひとつ獲得するための日々を過ごしています。

・・・独自の仕事スタイルは?

私の得意領域は、ユニークなカタチの型抜きDMの企画制作です。だから日頃から、型抜きされているインパクトのあるDMを見つけたら、そこから新しいDMの着想をして提案時に活かすようにしています。また、型抜きが難しいデザインを具現化するために、加工会社に足を運び、ノウハウを学ぶこともあります。今ではかなりのバリエーションの型抜きアイデアを自分の中にインプットしています。

people3-3

ベストセラーの起点になれることが
私たちの仕事の最大のやりがい。

・・・仕事のやりがいは?

採用の有無は関係なく、ユニークな型抜きDMを提案した時のクライアントのリアクションが楽しみです。驚きとワクワクの目で見てもらえ、これからもどんどん提案してほしいと言ってもらえることが何より嬉しいです。例えば化粧品向けの「箱型DM」の提案をした時のリアクションは凄く、そのインパクト大の形状とアイデアが認められて、即採用。この商品の売上増にも少なからず貢献できました。この実例からもわかるように、ベストセラーの起点になれることが私たちの仕事の最大のやりがいかもしれません。

・・・成長への転機は?

One to Oneマーケティングの考えのもと、一人ひとりのお客様の嗜好に合うカタログやDMを送るためにジップが提供する「オンデマンド印刷&発送代行サービス」を自ら営業提案して獲得。そしてフィルム封筒からオンデマンドの宛名台紙、さらに同梱するカタログ冊子と型抜きチラシまで、全て手間のかかる資材の手配をほぼ一人で対応し、やり遂げました。この時に得た自信が、その後の私を支えてくれています。一つの成功パターンを確立できた案件でもあるので、ここでの努力の日々が私にとっては大きな転機となりました。

・・・今、向き合う最大のチャレンジテーマは?

ジップの企画制作力を、東日本エリアにおいても浸透させ、そして事業拡大の鍵を握るレベルまで持っていくことです。そのためには一つひとつの企画制作物に全力で向き合い、最大の訴求効果を出しながら、クライアントに認められることが先決です。また、営業の意識も触発して、企画制作と支援サービスをトータルで売り込めるような流れもつくっていきたい。さらには才能溢れるクリエイターチームが活躍できる環境づくりにも挑みたいと思っています。

people3-4

次々とベストセラーの仕掛けをして、
世の中のためになるクリエイターの1人を目指す。

・・・今後の目標は?野望は?

私は期間限定で、東京に来ています。東日本営業部にとって企画制作課が必要不可欠な存在になり、自力で成り立つまでの体制づくりが私の役割です。任期を全うするまで、やり残しがないよう、これからも全力の日々を駆け抜けたいと思います。その先は西日本に戻り、再び企画制作の最前線で自分を磨きたい。そして東日本との連携も果たしながら、次々とベストセラーの仕掛けをして、世の中のためになるクリエイターの1人を目指します。

・・・これからの人生への想いは?

常に自ら課題を見つけ、挑戦テーマを掲げ、それを乗り越え、達成できるメソッドを身につけていきたいと思います。ハードルは少々高い方が良いに決まっています。高ければ高いほど、その先に飛躍的な成長が待っていると思うので、これからもあえて自分にプレッシャーをかけて、難解チャレンジの中に身をおき、キャリアップしていきます。

・・・最後にこれから入ってくる人たちへのメッセージを。

ジップの企画制作課では、その強化のために可能性溢れる人財の参画を広く求めています。最初からスキルがある必要はありません。入ってから幾らでもスキルアップの機会はあります。大切なのは志と情熱です。もしあなたにやりたいことがあるなら、きっとここでは、それに挑めるチャンスを掴めるはず。ぜひトライを。

◆My Lifework Scene◆

people3-5

目指せ!体力年齢=実年齢のキープ!

最近、体力に衰えを感じ、フィットネスジムに通っています。最低限、実年齢=体力年齢の維持はしたいので、当面は続けて習慣化したいと思っています。また、自宅には、気軽に有酸素運動ができるようトランポリンを配備。ジムに行けない日には、入浴前のトレーニングとして飛び跳ねています(笑)。良いストレス解消にもなり、今、いちばんお気に入りのリラクゼーションタイムとなっています。

poeple3-6

感動と触発の連続!江戸東京博物館。

江戸東京博物館は、最近行った中では特に良かったです。江戸時代の暮らし、文化がわかりやすく紹介されています。当時の印刷方法や出版物の展示などもあり、現代との違いを知ることもできました。今後も東京にある博物館、美術館をめぐり、全館制覇を目指します。そしてそこでの感動や触発を仕事にも活かせたら、と考えています。また、話題の観光地やスポット、気になるエリアにも足を運び、小さな発見や出会いを求める「東京散歩」も続けていきます。