people2-1

秋田峻理

Akita Shunsuke

東日本営業部

2018年入社。ファクトリーセンターでの現場研修を経て、東日本営業部に配属。現在は大手クライアントを担当し、年間150万件の商品発送代行を請け負う。趣味は温泉旅行とラーメン店めぐり。座右の銘は「八方美人ならぬ百方美人」。誰にでも受け入れてもらえる人間を目指す。夢は、いつか庭付きのマイホームに家族、そして愛猫2匹と暮らすこと。

Trip & Noodle Love Solution Sales Work

自分が信じる生き方の軸を持ちながら、人に優しく、社会に優しく。謙虚でありながらも、自分らしく。そんな人間になることが私の目標です。まだまだ社会人スタートを切ったばかりで、その目標領域には届きませんが、そこを目指す努力だけは地道に続けていこうと思っています。私の仕事は、物流や販促に関わるクライアントの課題を、ジップのサービスラインナップをフル活用して、解決へと導くこと。ジップには営業、企画制作、ファクトリーセンターが一体となり、感動レベルのソリューションを生み出すチカラがあります。そこには人を想う、社会を想う優しさも含まれており、私自身が感動させられる、そんなシーンに何度も遭遇してきました。だからこれからは、私が感動シーン創造の主導者になれるよう、経験を積み、営業としてのチカラをつけていきたいと思っています。目指すのは「ぜひ我が社の事業支援を秋田さんに任せたい!」と言われる人間になること。その存在感において社内外から頼られる営業となり、ジップの未来さえも切り拓く、そんなキャリアビジョンを実現することです。

people2-2

上司を見習いながらも、
独自のビジネス感覚とビジネス手腕を身につけたい。

・・・入社の決め手は?

数多くの業界、企業をめぐる中で、社風の温かさ、優しさ、誠実さをいちばん感じたのがジップです。私自身、これらの要素は働く上でとても大切なものだと思っていたので、ごく自然なかたちでジップに魅かれ、ここでなら自分らしく生きられる!そう確信して、お世話になることにしました。入社後も、最初に感じた社風への印象は変わらず、心地いい雰囲気の中で、伸び伸びと仕事ができています。

・・・現在の仕事は?

現在は、新規クライアント(大手食品メーカー)の通販商品(健康食品・サプリメント・化粧品など)の発送代行サービスの運用立ち上げから関わり、この1社をメインに担当。年間150万件の発送代行業務の個別対応指示、調整をしています。配送資材の提案から、企画制作とともに動いて受注を目指すDM提案、さらには顧客管理などのBPO提案も含めて、より総合的な支援サービスを請け負うための活動を行なっています。

・・・独自の仕事スタイルは?

自分だけではできない業務は早い段階で上司に相談し、ヒントを貰った上で自分なりの解決方法を考え、実践するようにしています。上司の凄いところは、常にリスクヘッジをして考え、動き、問題の先読みができること。俯瞰で状況を客観的に捉え、問題の芽を見つけて、先手を打てること。私も上司のような思考・行動を見習い、出来るだけ早く、独自のビジネス感覚とビジネス手腕を身につけたいと思っています。

people2-3

どうやったら「最高の一体感」を生むことができるか。
そんな観点からの営業アプローチを。

・・・仕事のやりがいは?

クライアントから感謝の言葉をいただけること、提案への共感をいただけることはもちろんですが、企画制作やファクトリーセンターの社員との密な連携によって一体感を感じられること、それがやりがいとなっています。オールジップのパワーの凄みを感じながら、それをアドバンテージにして活動できる私たち営業は、とても恵まれていると思います。

・・・成長への転機は?

商品発送業務の現場に身を置いて、実際に作業したり、管理業務を行ったり…等々、そこで得た様々な実体験が、営業をする上での礎になっています。現場の立場になっての提案ができますし、また、現場のパワーを体感しているからこその攻めの提案も可能になります。いずれにしても、どうやったら「最高の一体感」を生むことができるか、そんな観点からの営業アプローチができる、その原点に現場経験があるのです。

・・・今、向き合う最大のチャレンジテーマは?

営業として一人前になることです。例えば今、クライアントに対して「梱包資材である箱を、フィルム封筒にシフトすれば大幅なコストダウンになります」「ユニークなDMの企画制作もお任せください」「顧客データ管理の業務設計も業務運用もできます」「受注後の事務処理代行であるBPOサービスの請負もコールセンターの運用も可能です」…等々、攻めの提案アプローチを行なっており、これらの具現化を一つひとつ果たしながら、一人前への道を邁進していきたいと考えています。

people2-4

万人から数々の人生の教えを得て、
そんな中で人間味溢れる存在へ。

・・・今後の目標は?野望は?

クライアントから「担当が秋田さんで良かった」と言っていただけるように成長したいです。もっと欲張るなら「ぜひ我が社の物流ソリューション、そして事業支援を秋田さんに任せたい!」と言っていただける日が来ることを目指して成長していきたいです。そのためには「○○のことなら秋田に聞け!」と言われる、誰にも負けないプロフェッショナル領域を確立しなければならないと思っています。

・・・これからの人生への想いは?

社内外問わず、頼られる営業になり、誰からも慕われる人間になりたいと思います。八方美人ならぬ百方美人となり、幅広く、人に優しく、社会に優しい、大きな影響力を与えられる存在になることを目指します。プライベートでは「旅の達人」になり、各地で出会いと交流のエピソードを重ね、万人から数々の人生の教えを得て、そんな中で人間味溢れる存在へと成長できたら、と考えています。

・・・最後にこれから入ってくる人たちへのメッセージを。

自分らしくあり続け、その上で様々な人と関わり、成長していける会社です。全員で一緒に考え、その一体感をパワーに変えて、仕事を進めていく環境がここにはあり、そして達成感を共有して、全員で喜び合える、そんな感動も日常的に味わうことができる会社です。

◆My Lifework Scene◆

people2-5

人生の休息に、温泉は欠かせません。

仕事から帰ってくると、まずはその日に入る温泉入浴剤選びから。そしてゆったり風呂に浸かれば一瞬で疲れも吹き飛びます。“一日一湯“をモットーに、実は出張にも持って行っています(笑)。毎日入浴剤で予習し、気になった温泉があれば迷わず現地調査を実施。目的の温泉に入り、ご当地のお酒と料理を楽しみ、家に帰って、再び入浴剤で復習をして…。長期休暇を活用して、あちこちの名湯めぐりもしています。

poeple2-6

ラーメンLOVEが止まりません。

食べた瞬間に海老が口の中で暴れ出します。地元札幌にしかないと思っていたら、なんと東京支社の近くに店舗が!ホームシックになったら迷わずここへ(上左)。地元の友人たちと夜更けまで飲んだ後の〆はここ!すすきのの名店です(上中)。今の住まいの近くにも隠れた名店が!透き通る醬油スープとレアなチャーシューとワンタン。週末の昼に通い詰めています(上右)。友人と過ごす休日もやはり〆はラーメン。ラーメンなくして休日なし!です。